いい人はモテない

YOU85_harowinjyosiOL20131019162757500女性は、すれ違った人など、目に入る人の服装や髮型などを、よくチェックしています。

男性からすると、知らない人、ましてやすれ違っただけの人の格好など、よほどのことがなければ気にしません。

しかし、女性は「ねえねえ、今の人見た?」などと話したりします。

この違いって、一体何でしょうか?

 

それは、以前にもお話しましたが、女性は物事を平面的にとらえてしまう生き物だからです。

「平面的にとらえる」というのは、例えば、シャッターで「パチッ」と写真を撮ったように、女性は一瞬で物事をとらえる能力があります。

#005 男には見えない世界 を参照)

 

また、女性は人の服装だけではなく、マナ—や態度、会話の内容など、さまざまなこともチェックしています。

勿論、これは恋愛の場合でも例外ではなく、むしろ恋愛となると、さらにチェックの目は厳しくなると考えたほうがいいでしょう。

こうした女性を「厳しい」「面倒だ」「ウザイ」などと思ってしまうのは、モテない男の典型的な特徴といえます。

 

ところで、恋愛に関して女性がチェックしているポイントとは一体何でしょうか?

それは主に、自分にとっての「最低ライン」です。

「自分にとっての最低ライン」とは、例えば「この条件をクリアできていなければ、その男性を恋人として認めない」、というラインのことです。

つまり、女性のチェックに引っかかってしまうと、恋愛対象から除外されてしまうというわけです。

 

みなさんは、よくこんな言葉を耳にしたことはありませんか?

「あの人、いい人なんだけどなぁ・・・」

つまり、お友達としてだったらいいけど、恋人としてはNGという意味です。

shinbashi-gerodon20140921200241500

このような男性は、相手の「最低ライン」の何かに引っかかっていて、残念ながら、恋愛対象にはなれないのです。

つまり、女性にモテるためには、女性の最低ラインを超えておく必要があるというわけです。

 

ただし、これまでの話からすると、女性の最低ラインを超えるのは難しそうに思えるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

街中を見渡せば、そこら中にカップルがいますよね?

つまり、それだけクリアできている男性がたくさんいるということです。

相手のポイントさえ知ってしまえば、このチェックを乗り越えるのは、さほど難しいことではないというわけです。

 

では、そのポイントとは一体何なのか?

それについては、後々お話しますが、とりあえず今回は「すべて完璧にこなす必要はない」ということをお伝えしておきます。

例えば、100点中60点くらい取れれば、彼女をゲットすることは可能です。

 

 

コメントを残す

彼女ができる恋愛心理学|Satopin オフィシャルブログ

このページの先頭へ